【NMB48】3/11京セラドームイベント・よしもとニュースセンターで記事配信。

【NMB48】3/11京セラドームイベント・よしもとニュースセンターで記事配信。

no title

NMB48「誰かのために」プロジェクト・復興支援活動「What can I do for someone? in 京セラドーム大阪」開催!

引用元:http://news.yoshimoto.co.jp/2017/03/entry68230.php

大阪・難波を拠点とするアイドルグループNMB48が、AKBグループの東日本大震災、熊本地震、被災地支援プロジェクトとして発足した「誰かのために」プロジェクトを通し、復興支援活動「What can I do for someone? in 京セラドーム大阪」を3月11日(土)、大阪市・京セラドーム大阪で開催しました。
当日は、復興支援活動の一環として、会場内に募金ブースを設置。NMB48メンバーからご協力の呼びかけを行いました。また、NMB48メンバーがデザインしたチャリティーTシャツも販売。
メインステージでは、各チームによるライブパフォーマンス、ファッションショー、来場者参加型のクイズ大会、さらには、メンバーの特技・個性を活かした企画ブース展開。AKBグループメンバーが、沿岸被災地のこどもたちとの4年間の交流を経て作成した、岩手県山田町ジオラマ「やまだまち48」を関西初として展示しました。
no title
no title
no title

14時46分には金子支配人の合図の元、黙祷を1分間、全員起立して静かに祈りをささげました。
no title
no title
no title

NMB48から選ばれた18名のモデル、石田優美、植村梓、鵜野みずき、梅山恋和、太田夢莉、川上礼奈、渋谷凪咲、上西恵、上西怜、須藤凜々花、西仲七海、林萌々香、藤江れいな、村瀬紗英、矢倉楓子、山本彩加、山本彩、吉田朱里がステージを彩った「Runway Sae Murase selection」。ファッションアプリ「WEAR」でフォロワー数が、22万人を超え、「ar web」でも連載を開始し、グループを代表するオシャレな村瀬紗英がプロデュース。吉田朱里には上はスケスケで下はクラシックなスカートを。渋谷凪咲は肩が落ちて背中の開いたシャツでセクシーに。矢倉楓子はかわいいシルエットの黒ワンピ。山本彩に似合う青と黒を取り入れ大人っぽく。太田夢莉はスカジャンがよく似合っていました。メンバーたちにも好評で、村瀬紗英は「ファッションのイベントができてうれしい! 楽しかったです!」と満面の笑みで喜びを表しました。
no title
no title
no title
NKB48はこれからも震災の復興支援活動を続けていきます。今後も継続的な応援をお願いします!

<募金ブース>
会場に設置された募金ブースでは、山本彩や須藤凜々花、溝川実来、山本彩加などのメンバーが入れ替わりで登場。募金をしてくれた1人1人に両手を振り「ありがとう!」と声をかけ、感激して歓声を上げる人や感動で涙ぐむ人も。彼女たちの熱い気持ちに打たれ、快く募金に賛同する人たちで長蛇の行列ができました。
no title

全文はこちら:http://news.yoshimoto.co.jp/2017/03/entry68230.php