【須藤凜々花】予告されていた重大発表の内容…せーの!_(┐「ε:)_ズコー(中身が無いとは言ってない)

【須藤凜々花】予告されていた重大発表の内容…せーの!_(┐「ε:)_ズコー(中身が無いとは言ってない)

Co8aGBhUAAIkAv3

Co5hJOkUMAAMR2m

tofu_須藤凜々花_beef~hero≒heel~ |NMB48オフィシャルブログpowered by Ameba
http://ameblo.jp/nmb48/entry-12187040916.html

先日発表されたコンサート

通称「リクアワ」。

毎年たくさんのドラマが生まれる名イベントですが、
今回の裏テーマ

「いつまで山本彩に頼るのか」

というものらしいじゃないっすか。

コンサートを満席にしなきゃなのもそうですが、
まず思ったのが

「本編で倒さなくっちゃいけないぜこれは」

山本彩キャプテンは数々の曲のセンターを務め上げてきて、
ソロ曲やユニット曲もたくさんあります。
しかも、そのどれもが神曲という。
パーフェクトヒューマンす。

しかし、リクアワというイベントでは
それが弱点にもなります。
票が分散しちゃったりします。

とは言っても、
キャプテンに関してはそんなことはあまり関係なく、
死ぬ気で挑まなければ到底敵わない相手です。
作戦を練りに練って狙いに行かなければ返り討ちですっ!!

今回のリクアワで、
私は絶対に絶対に

一位を狙いたい曲があってですね。

〜中略〜

私が絶対に一位にしたい曲、
それは

「虹の作り方」

ですっっっ!!!!!(≧∇≦)

ゆーりちやんセンター、しゅう先輩、なぎ先輩、こころ姫、私の5人ユニットの曲です!!

まだユニット名もないまま、
こんな素敵なユニット、
終わらせたくないよ!!!!

「ニーチェ先輩」は、前回のリクアワでなんと5位!!
Tシャツにもなって、MVがなかった曲だけれど、皆様のおかげで報われました(。-_-。)

「ドリアン少年」大好き。
でも今推しても、私の進化が止まってしまう気がしちゃいました。

「ショートカットの夏」
これは超絶髪曲。
だから、松井珠理奈先輩陣営の対抗馬として
グループリクアワまであたためておきましょうっ(≧∇≦)

ということで。ね(o^^o)

今回のリクアワでもしも「虹の作り方」が一位になったら。

NMBの未来は確実に変わると思いました。
眩しすぎて見えない。
だからこの曲に決めましたっ!!(≧∇≦)

でもリクアワは本来ならば
好きな曲に自由に投票するイベントです。
なぜここまでキャプテンに勝つことに
こだわっているかといいますと、

つい先日、心に決めた目標のせいです。

りりぽんの今年の目標!(残り5ヶ月!)

『キャプテンのライバルになる!!』

どーーーーん( ゜д゜)!!

きっかけは、
満員ぎゅうぎゅうのエレベーター内での話。

私とゆーりちやんがいい感じに談笑していたら、
キャプテンが

「何いちゃついてんだよ~」

とちょっかいをかけてきました。

そして、挙げ句の果てに
ゲームの話題でゆーりちやんを掻っ攫っていきました。

あんまりだっっ!!!!!

ゆーりりぽんがだいぶ定着してきたと思ったら、

「さやゆーり」て!!!!
どこもかかってないし!!!!

あんまりだっっ!!!!!

ということで、
ライバルになると決心したのです。

というのは、半分冗談で

キャプテンは何でもできてしまうが故、

「AKBを倒しにいくヒーロー」
「グループをまとめるキャプテン」
「世間に向けての顔センター」
「これからのNMBのために倒されるべき存在」

と、
たくさんの立場を任され
それぞれの立場から生じる矛盾としがらみに
常に悩まされてしまうと想像します。

本来自由なNMB48を
不自由だと感じてしまうことになる。
これ以上悲しいことはないと思います。
自分の世界を広げるためのグループが、
自分を縛るだけになってしまうなんてそれだけは。

だから、

完全に余計なお世話ですが、

私はなるべくキャプテンに一生懸命楯突こうと考えたのです(o^^o)

メンタル豆腐のやつが
キャプテンにビーフだなんて。

と思いましたか?

今は夏ですよ。(UZA)

りりぽんのメンタルは秋に死んで
夏復活します。
(つまりほぼ死んでます)

NMB史上最高に熱い夏にしようぜっっ!!!!!!!

未来は僕らの手の中!

いや、

本日発売
「僕はいない」のCDの中!!!!!

以上!!

重大発表でしたっっ!!

(せーのっ)

ズコーーーーーーーーーーーーーー

投票迷ってる先輩方はぜひ!!!!

「虹の作り方」へっっっ!!!!

       ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄ ̄